一人で始めるメディアビジネス研究所

IT業界14年、2014年4月に開業。ビジネスマンが一人で始めるメディアビジネスの実践履歴とノウハウを共有します。

ビジネスは常に先を見据えて行動しなければ衰退しかない

ビジネスは常に先を見据えて行動しなければ衰退しかない

ビジネスは短期的に大きな売上を発生させる事よりも長期的に稼ぎ続ける事の方が何倍も難しいです。

僕は今月の売上で120万円を超える事が出来ました。先月は110万だったので数字的には少し伸びています。

しかし、この売上を一年間キープするのはかなり厳しいです。

 

多分来月は100万を切ると予想しています。

もちろんそうならないように試行錯誤と努力の量を増やしていこうとは思いますが。

そもそも単発の売上では安定したビジネスとは言えません。売上を発生させる仕組みを作って運営し毎月同じように売上を発生させる事こそが目指すべきビジネスの形です。

 

ブログの運営はメディアとしての長期的なビジネスになりえます。

広告を設置する事で半永続的な収益を得られるようになります。

 

しかし無料メディアの広告モデルが衰退すればこのビジネスも終わります。

 

一時期、広告ブロックアプリなども話題になりましたよね。

あれも現在は落ち着いているようですが、もし仮に全てのスマホにプリインストールされていたり、自動的にブロックされるような仕様に変わったら終わりです。

メディアビジネスの代表とも言える広告ビジネスが終わってしまうのです。

 

これは決してありえない話ではありません。

5年後、10年後、20年後には想像も出来ないような環境になっているでしょう。

 

そんな環境になってもビジネスは形を変えて続けていかなければいけません。

どんな時代になってもその流れに乗れない人はビジネスの世界ではやっていけないのです。

 

広告モデルも、サロンなどの課金モデルも、情報販売などのモデルも、今だから出来るビジネスです。

もちろん、ずっと続く可能性もありますが、使えなくなる可能性も十分にある。

だからこそ、常に新しいビジネスモデルを取り入れて収益の柱を分散させる必要があるのです。

 

「単一ビジネスで満足してはいけない。」

自分自身の戒めとして、経営をする者として常に頭の中に入れておかなければ。

長期的な経営を考えて舵を切るのは経営者の大事な仕事なのです。