一人で始めるメディアビジネス研究所

IT業界14年、2014年4月に開業。ビジネスマンが一人で始めるメディアビジネスの実践履歴とノウハウを共有します。

アドセンスなどの広告モデル以外にも知恵やアイデアで収益を上げるのがメディアビジネス

アドセンスなどの広告モデル以外にも知恵やアイデアで収益を上げるのがメディアビジネス

メディアビジネスと聞くと広告収益を一番に思い浮かべます。

アドセンスやアフィリエイトなど、媒体を通して広告がクリックされたり商品が購入されたりすると売上になるという収益モデルです。

 

メディアビジネスを始めるにあたっては最もシンプルで初心者でも比較的始めやすいのが特徴ですね。

しかし、広告を掲載する収益モデルはPVが命。トラフィックが少なければほとんど収益になりません。

 

ブログで10万円の売上を上げるのも大変です。

それなりに継続していてファンもいて記事内容も充実していて検索エンジンからのアクセスもある。そんなブログであれば月10万円の売上を広告モデルで稼ぐ事もできるでしょう。

 

ただ多くの場合は肝心のPVを集める事ができず収益も雀の涙程度というのが現状です。

 

そんな時に覚えておいてください。

収益の増やし方は広告だけではないんです。

 

色々なブログを見ているとサロンの運営やnoteによる情報販売なども見かけます。これらもメディアビジネスの収益アップ方法の一つです。

 

また、僕の場合は代行ビジネスやワードプレスのブログ構築、デザイン制作などもお受けしています。それにより少ないPVでも収益を生み出しています。

 

日に数百アクセスでも月30万円や50万円といった売上も可能になります。

そして提供しているサービスがお客様に満足して頂ければリピーターや継続依頼にも繋がります。

このPVで広告ビジネスだけを考えていると絶対に不可能な売上です。

 

もちろんトラフィックは多いに越したことありませんが、それが全てではないという事です。マネタイズの方法は頭を使ってサービスを提供する事で生み出す事ができるのです。

 

ただしサービスの質は提供価格より高くないといけません。

提供サービスの価値 > 価格

というような構図にしなければビジネスとしては成立しません。

 

お金を支払う人(お客様)が満足して喜んでくれるサービスを提供する事が大前提なのです。

そこを間違ったサービスの提供は継続できません。たまたま売れても後が続かないのです。

 

メディアビジネスには多くの可能性があります。手元に資金がなくても知恵と行動力で収益を上げる事ができるのです。

広告モデルも立派なビジネスモデルですが一つのモデルにこだわる必要もなく、一歩下がって俯瞰して物事を見る事で新しいビジネスの形も広がっていくのです。