一人で始めるメディアビジネス研究所

IT業界14年、2014年4月に開業。ビジネスマンが一人で始めるメディアビジネスの実践履歴とノウハウを共有します。

メルマガはもう時代遅れなのか?

メルマガはもう時代遅れなのか?

僕は現在、約6000人の読者を抱えているメルマガを発行しています。

そのメルマガも2年前から始めて毎日コツコツと読者を増やしてきました。

平日毎日配信しています。

 

メルマガでブログの記事を紹介したり提供中のサービスを紹介したりする事で集客に繋げたりしています。

 

 ここ数年、

「メルマガはもう終わった。」

「今更メルマガなんてやっても無駄。」

といった事を聞いたりする事が多いです。

 

メルマガの事を書いている人すらあまり見ませんよね(笑)

(僕が知らないだけなのかな?)

 

特にLINEが出だしてから更に加速した印象ですね。

それまでもスパムメールが増加傾向でメルマガは誰も見ないと言われていたり。

 

僕がメルマガでビジネスをしていると言うと、

「今時メルマガでビジネスなんかできるの!?」

と驚かれます。

まぁ驚くのも無理ないです。

 

確かに僕も正直そう思ってました。

でも自分でやってみて判ったんです。

「メルマガはまだまだやっていける」と。

 

今の時代メルマガは古い!この価値観は間違いありません。

しかし「古い事」と「売上にならない事」とは別次元の話なのです。

 

古いと言われるメルマガでも売上を増やす事ができます。

僕は実際にメルマガのおかげで売上を保てています。

要は使い方なんですよね。

 

誰に対してどんなメルマガを出すのか。

これでメルマガの価値は変わります。

 

僕の場合、読者が30代以上の人が多いです。40代や50代の人も沢山います。

そういう人ってLINEも使いますがまだまだメールを利用している人も多いです。

 

そして個人でビジネスをしている人も多いです。

ビジネスをしている人のほとんどはメールアドレスを持っています。

メアドがなければお客様とのやり取りも出来ないからです。

 

そういう人達だとメルマガも自然と受け入れてくれます。

それに、僕のブログを読んでくれている読者様なので僕の事も知ってくれています。

ブログというツールで既に読者様とのコミュニケーションが成立しているのでメルマガの効果も高いのです。

 

確かに今の時代、LINEがコミュニケーションツールとしては突出してますが、それはあくまでコミュニケーションツールとしての役割。

ビジネスとなるとまだまだメールも活躍できます。

 

ただし、この先数年後にはまた比率が変わってくるかもしれません。

本当にメール自体の利用者がいなくなる事だってありえます。

それはきっと急に起こる事では無くてジワジワと変化していくものなのでしょう。

 

メディアに携わるビジネスマンとして、今使えるモノは100%活用する。それと同時に未来への種まきも同時進行で進めていくのがベターだと言えます。

僕自身そういう意識で今のビジネスを活性化させつつ未来への投資を怠らずにしたいものです。